【2018年】次にくるAI家電はグーグルスマートディスプレイ!

Share

こんにちは!!ようこそ、当ブログgcbgardenへ。管理人のsakurabaaa(@sakurabaaa_g)です。

はやくもスマートスピーカーの次の市場開拓に動きがありそうですよ。

Googleは2018年1月8日にGoogle Homeと同じ「Googleアシスタント」を搭載した新たなデバイス「Smart Display」を発表したという情報を見つけました。

いまはアメリカのAmazon.comで購入することができる「Echo Show」や「Echo Spot」のような感じで、タブレットにスピーカーがついたようなデバイスのようです。

スポンサーリンク

Google Smart Display(スマートディスプレイ)紹介動画

直感的にGoogle Smart Displayを知るには動画が一番!英語の動画ですが下の紹介ムービーでは「スマートディスプレイってなに?」をわかりやすく知ることができます。

ディスプレイが中央にあり両サイドにスピーカーが付いている感じなのでしょうか。

いまだに在庫不足が続いている?任天堂Switchを連想させる形をしていますね。Switchの人気からみるにSmart Displayはかなりいいデバイスになりそうな予感もします。

ちなみにいまだにアマゾンでSwitchは在庫切れ中なんですかね。笑

Google Smart DisplayはGoogle Homeと同様に、「OK Google」と呼びかけることでコミュニケーションを取ることができるみたいです。

スマートスピーカーにはディスプレイがなかったので音声中心のコミュニケーションでしたが、スマートディスプレイには画面があるので音声以外に目から情報を得ることができますね。

Google Smart Displayを応用してテレビなどの大型スクリーンで提供されるようになったらまた世界が大きく変わりそうな予感。まずはスマートハウスで自宅から人間の生活が変わっていくのでしょうか。

もちろんSmart DisplayはYoutube閲覧可

Smart DisplayはGoogleアシスタント搭載なので、Youtubeはもちろん閲覧することができます。

Amazonから発売されているFire TVシリーズでは2018年からYoutubeの閲覧ができなくなってしまったのも最近の出来事です。

参考2018年よりYoutubeがAmazon Fire TV Stickシリーズで見れなくなりました

気になるお値段は!?

年内に、JBL、Lenovo、LG Electronics、ソニーがSmart Display製品を発売する見込み。Lenovoは今夏に、10インチと8インチのモデルを発売する。10インチが249.99ドル(約2万8000円)、8インチは199.99ドルだ。

参考Google、「Amazon Echo Show」対抗の“スマートディスプレイ” ソニーやLenovoが発売へ

ちょっとばかし高い気もしますが、今後の情報次第では一家に一台必須のアイテムになりそうですね。

個人的には、Google App「Google Calendar」、「Google Map」、「YouTube」を音声&画面で操作閲覧できる点が魅力的だな〜と思っています。

この記事を書いた人。
1992年生まれ。フリーなエンジニア。書きたいことを気ままに書いてます!
好きなことは夏の神宮でビール片手に野球観戦、Appleオタ
趣味は、ゴールデン街散策・Web・IT・ものつくりの開発・勉強などなど

スポンサーリンク

Share

Follow