Jupyter Notebook上で描画ライブラリmatplotilbのグラフを出力する

Share

こんにちは!!ようこそ、当ブログgcbgardenへ。管理人のsakurabaaa(@sakurabaaa_g)です。

本記事では、ノートブック形式の開発環境Jupyter Notebookで描画ライブラリ「matplotlib(マットプロットリブ)」を使ってグラフを出力する方法を紹介します。

機械学習やデータサイエンスの分野ではデータの可視化は非常に重要なため、綺麗なグラフを一発で出力することができる「matplotlib」を使いこなせるようになるととっても便利です。

matplotlibでできることは、matplotlibサイトのギャラリーで見ることができます。

参考matplotlib Gallery

★環境

  • Jupyter Notebook
  • Python
  • matplotib
  • numpy

※本記事はPython3系を例に解説いたします。Python3系の表記も以下Pythonとさせていただきます。

※本プログラムは、数値計算ライブラリや描画ライブラリなどが豊富なJupyter Notebookを使ってコードを実行しています。いますぐ結果をみてみたい方は「Jupyter Notebook」にアクセスし、「Try it in your browser」で実践してみてください。

スポンサーリンク

Jupyter Notebookで散布図を描画

まずはじめに数値計算ライブラリnumpy(ナンパイ)描画ライブラリmatplotib(マットプロットリブ)をインポートします。

      

次にランダムな乱数を生成します。

      

最後に生成したxとyの値をプロットします。

      

最終的に以下のようになります。

      

<< 画像を出力 >>

Jupyter Notebookでは、このようにとっても簡単に、そして一発でグラフを出力することができます!!

三角関数sinカーブを書いてみた

$$y=sin(x)$$

      

まとめ

いかがでしたでしょうか?

PythonやJupyter Notebook、その他外部のライブラリーを使うことでさまざまなグラフを一発で出力することができます!!

わりときれいなグラフを自由に出力することができるので、プレゼンテーションのスライドときに使うこともできますね。

no-img2
ゆりか

Pythonって便利ですね♡

この記事を書いた人。
1992年生まれ。フリーなエンジニア。書きたいことを気ままに書いてます!
好きなことは夏の神宮でビール片手に野球観戦、Appleオタ
趣味は、ゴールデン街散策・Web・IT・ものつくりの開発・勉強などなど

スポンサーリンク

Share

Follow